ケールの栄養 | 青汁@効果・口コミ・比較

ケールの栄養

青汁と聞かれたら?ケールを原料としていると考える人は、多いのではないでしょうか。ケールは青汁の王様と呼ばれているくらいです。なぜそう呼ばれているのか知っている人は少ないのではないでしょうか。ケールの栄養素を知れば、確かに青汁の王様と呼ばれるに相応しいと知る事になるでしょう。

ケールには、β−カロチンやビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCのビタミンが多く含まれています。ビタミンだけではありません。ミネラルも多く含まれているのです。タンパク質・カルシウム・食物繊維・リン・カリウムなどのミネラルも多く含まれているのです。他の食材と比較すると良く分かると思います。

カルシウムのイメージが強いのは、牛乳です。その牛乳よりもケールはカルシウムが多く含まれているのです。牛乳よりも2倍ほどカルシウムが含まれています。ビタミンCは、みかんの2.5倍です。カロチンは、トマトの5倍、ルティンはほうれん草の2倍、ビタミンEはピーマンの3倍多く含まれているのです。他の食材と比較すれば分かるように、色々な栄養素をケールは持っているという事になります。

ケールに含まれている栄養素のイソチオシネートは、血栓の予防や解毒酵素の活性化などに効果があります。脳血栓や心筋梗塞を招く血栓を起こりにくくしてくれるのです。そして血液の流れを正常にしてくれます。それが「ケール」です。体に有害な物質が侵入した時に出す解毒酵素の働きを助けてくれる作用があります。殺菌作用もありますので、食中毒にもかかりにくくなります。

ケールで注目される栄養素は、メラトニンです。メラトニンの抗酸化力によってがんを防いでくれます。白内障やアルツハイマーの予防にも効果があります。その他にも、コレステロールや血圧を下げてくれる働きがあるのです。

このように、ケールは青汁の王様に相応しい栄養素を持っているのです。ケールの魅力を少しでも分かっていただけたのではないでしょうか。

人気商品が送料無料でお買い得!青汁通販・口コミ人気ランキング!

商品名 金額 内容量 お申込み
マイケアのふるさと青汁 3990円 30回分 詳細


オフィシャルページで詳細を見る

>>ランキング2位以降をチェックするのはコチラから!




Copyright (C) 2009-2014 青汁ランキング【※口コミ1位は?】 All Rights Reserved.
[基礎知識] 青汁とは? どんな効果がある? 成分について 過程での作り方 副産物がある? 乾燥青汁のメリット 作る時に向く食べ物 よもぎ青汁
[青汁の形状] 冷凍/粉末タイプ フリーズドライ/錠剤 [様々な成分の紹介] ケール/大麦若葉 桑の葉/明日葉 遠赤外線/ゴーヤー 緑茶/海藻/レモン
[ケール] ケールとは? 効果 栄養 メリット 栽培方法 [大麦若葉] 大麦若葉とは? 緑の血液 ガンや脳卒中 糖尿病や老廃物 肝臓や口臭 細胞/抗酸化成分
[飲み方について] ケール青汁を作ろう 食べるより飲む方が... 乾燥青汁 おいしい飲み方 絞りたてがオススメ