青汁ランキング【※口コミ1位は?】

アトピー性皮膚炎の原因と特徴

アトピー性皮膚炎は、慢性の皮膚疾患で強い痒みをともないます。幼児期に発症することがほとんどで、学童期までに自然治癒することが多かったのですが、近年では成人するまで継続していたり成人してから発症・再発する方が増えています。

アトピー性皮膚炎の原因やメカニズムはまだはっきりと特定されていませんが、アレルギーを起こしやすいアトピー素因は遺伝する傾向があるといわれています。アレルギー反応の元となるIgE抗体は、健康な人ではその数が少なく、アトピー素因の方はIgE抗体を作りやすい体質だといわれています。しかし遺伝的な体質だけが原因ではなく、生活環境も重大な要因と考えられています。生活環境による原因としては、以下のようなものが考えられます。 ・食生活

・住環境(ダニやハウスダスト・壁紙や家具などのホルムアルデヒド・石けんや洗剤など化学物質)

・ストレス(寝不足・疲労)

また、アトピー性皮膚炎のメカニズムとして近年注目されているのが表皮バリア破綻説です。皮膚のバリア機能に障害がおこり、そこからアレルゲンの侵入を許してしまい慢性化してアレルギーを起こす、という説です。バリア機能が弱い人はセラミド細胞が少ないという調査結果もあるそうです。セラミドは、細胞と細胞の隙間を埋める物質で、これが少ないためにアレルゲンの侵入をたやすくしてしまうのです。

アトピー性皮膚炎の治療として、ステロイドなどが使われることがありますが、これは一時的な対症療法としては効果がありますが、残念ながら根本的な治療とはいえません。遺伝的な体質を変えるには限界がありますが、肌の保湿力をあげて肌バリアを強くすることでアレルゲンの侵入を防ぎアレルギーを改善することはできます。


青汁でアトピー性皮膚炎を改善!

肌バリアの障害が原因のアトピーを改善するには、ドライスキンを改善し保湿力をアップするのが重要だと考えられます。それには、新陳代謝を良くすること、肌に充分な栄養を与えること、免疫力を強化しアレルギー体質を改善することです。

肌のターンオーバーを促進するには、夜は必ず12:00前に就寝するようにしましょう。睡眠時間をきちんと取ることはストレスの軽減にもつながります。

肌に良い食品といえば、やはりビタミンです。なかでもビタミンACE、ビタミンB2が豊富に含まれているものがおすすめ。青汁は、これらビタミンもたっぷり含まれているうえに、免疫力を強化するミネラルも豊富なため、肌を健康に保つにはぴったりの飲物です。さらに食事に納豆や海藻類など粘り気のあるものを摂るとより効果的です。


利用者の口コミ・感想

●自分が飲んでいた「レモンの青汁」を子供にも飲ませてみたところ、肌がツヤツヤしてきてビックリ!! アトピー性の乾燥肌で、夏でもカサカサしていたのがしっとりと変わってきました。今では自分の分も子供達にあげています。レモン味で飲みやすいのも子供には良かったみたい。

●「はちみつ青汁」に入っているビオチンという成分がアトピー性皮膚炎に良いと聞き、試してみました。肌のセラミドを作るのにも役立つとか。飲み始めてみて、確かに肌がしっとりしてきたのが分かります。湿疹が出てカサついていた皮膚が、だんだん潤っていくのが本当に嬉しいです。



人気商品が送料無料でお買い得!青汁通販・口コミ人気ランキング!

商品名 金額 内容量 お申込み
マイケアのふるさと青汁 3990円 30回分 詳細


オフィシャルページで詳細を見る

>>ランキング2位以降をチェックするのはコチラから!




Copyright (C) 2009-2014 青汁ランキング【※口コミ1位は?】 All Rights Reserved.
[基礎知識] 青汁とは? どんな効果がある? 成分について 過程での作り方 副産物がある? 乾燥青汁のメリット 作る時に向く食べ物 よもぎ青汁
[青汁の形状] 冷凍/粉末タイプ フリーズドライ/錠剤 [様々な成分の紹介] ケール/大麦若葉 桑の葉/明日葉 遠赤外線/ゴーヤー 緑茶/海藻/レモン
[ケール] ケールとは? 効果 栄養 メリット 栽培方法 [大麦若葉] 大麦若葉とは? 緑の血液 ガンや脳卒中 糖尿病や老廃物 肝臓や口臭 細胞/抗酸化成分
[飲み方について] ケール青汁を作ろう 食べるより飲む方が... 乾燥青汁 おいしい飲み方 絞りたてがオススメ