ケール青汁の効果口コミランキング

栄養素たっぷり・キャベツの祖先「ケール青汁」

ケールは、キャベツの原種といわれる植物です。野生種に近いため強い生命力と高い栄養価をもっています。

独特の香りと味があり、日本ではあまり食用されていませんが原産地のヨーロッパでは古くから薬草として利用されたり料理に使われたりしていました。

有効な栄養素としてβカロテンやビタミンCをはじめカルシウムやマグネシウム、葉酸、生活リズムに関係し高い抗酸化作用をもつメラトニンや抗癌作用のあるアリルイソチオシアネート、クロロフィルなどを含有しています。


ケールの成分

ケールの成分(100gあたり/五訂増補日本食品標準成分表による)

カリウム 420mg

カルシウム 220mg

マグネシウム 44mg

βカロテン当量 2900μg

レチノール当量 240μg

(ビタミンA)

ビタミンE 2.4mg

(トコフェノールα)

ビタミンK 210μg

葉酸 120μg

ビタミンC 81mg


ケールに多い有用成分

ケールにはメラトニン・アリルイソチオシアネート・クロロフィルが多く含まれています。

・メラトニンの効果:人体内でも生成されるホルモンの一種で、生体のリズムを司り、睡眠促進効果があるといわれています。時差ボケを解消するのに役立つことも。さらに強い抗酸化作用を持つため、俗に「若返りホルモン」などといわれることもあります。さらに腫瘍増殖を抑制する作用やDNA修復作用をもつとされ、癌予防にも効果が期待されています。抗癌剤の毒性を減少させるともいわれ、抗癌剤治療と併用することで治療成績の向上、副作用の軽減が認められたという報告もあるようです。

・アリルイソチオシアネートの効果:ワサビなどに多く含まれる成分で、高い抗菌作用を持ちます。抗癌作用にも優れていることが分かってきました。

・クロロフィルの効果:胃腸を整える働きがあります。血栓ができるのをふせぎ高血圧予防や血糖値の上昇をおさえます。免疫を強化するインターフェロンを増やす効果もあるそうです。さらに、体内を通過する際に有毒物質と結びつき一緒に排泄するデトックス効果にも優れています。特にダイオキシンに対して高い効果があるようです。


ケール・青汁の効果

味や香りに独特のクセがあるため、青汁も好みが分かれるかもしれません。細胞の基となるコラーゲン生成に関係するビタミンCや骨を丈夫にするカルシウム、動脈硬化を防ぎ血行を促進するクロロフィルなど、体の基礎をつくる栄養素に優れています。

他にも食物繊維やβカロテン、ミネラルなど豊富に含んでいます。健康的な身体つくりを目指すにはぴったりの飲物です。さらに糖尿病予防や癌予防にも効果が期待できます。

人気商品が送料無料でお買い得!青汁通販・口コミ人気ランキング!

商品名 金額 内容量 お申込み
マイケアのふるさと青汁 3990円 30回分 詳細


オフィシャルページで詳細を見る

>>ランキング2位以降をチェックするのはコチラから!




Copyright (C) 2009-2014 青汁ランキング【※口コミ1位は?】 All Rights Reserved.
[基礎知識] 青汁とは? どんな効果がある? 成分について 過程での作り方 副産物がある? 乾燥青汁のメリット 作る時に向く食べ物 よもぎ青汁
[青汁の形状] 冷凍/粉末タイプ フリーズドライ/錠剤 [様々な成分の紹介] ケール/大麦若葉 桑の葉/明日葉 遠赤外線/ゴーヤー 緑茶/海藻/レモン
[ケール] ケールとは? 効果 栄養 メリット 栽培方法 [大麦若葉] 大麦若葉とは? 緑の血液 ガンや脳卒中 糖尿病や老廃物 肝臓や口臭 細胞/抗酸化成分
[飲み方について] ケール青汁を作ろう 食べるより飲む方が... 乾燥青汁 おいしい飲み方 絞りたてがオススメ