コラーゲン

コラーゲンの働き

コラーゲンは、体内で細胞と細胞をつなぐ役割を果たすタンパク質の一種で、皮膚はもちろん血管や筋肉、腱などに存在しています。主に繊維状に形成され肌や腱などを強化する働きを持ちます。肌に良いことは知られていますが、他にもさまざまな役割を果たしています。まず皮膚についてですが、コラーゲンは表皮の下、真皮に存在して表皮を支えています。コラーゲンが正常に生成されるとターンオーバーが活発になり、シミやシワ、たるみを防ぎます

関節などの軟骨に含まれているコラーゲンはクッションの役割を果たしています。コラーゲンが減少すると軟骨がすり減り骨と骨がぶつかって炎症を起こし、関節痛などを引き起こします。カルシウム不足が原因とされている骨粗鬆症ですが、コラーゲンの不足も原因の一端といわれています。前述したようにコラーゲンは、全身の皮膚や筋肉、骨に存在し、細胞の弾力を保つのに使われています。コラーゲンが不足すると、新陳代謝が鈍くなり体がかたくなって老化現象を早めてしまうことになります。


コラーゲンと青汁

人の体では、毎日新陳代謝が行われています。コラーゲンも毎日合成され、体の中で消費され分解されるというサイクルを繰り返しています。そのため、毎日コラーゲンの元となる栄養素を補給する必要があります。タンパク質の一種であるコラーゲンは、肉や魚などから摂取することができます。それら良質なタンパク質と一緒に青汁を飲むことで、さらに効果的にコラーゲンを有効活用できます。青汁に含まれているビタミンCはコラーゲンの吸収を良くし、生成を促す働きをします。同じく青汁に含まれているビタミンA(βカロテン)、Eとともに、老化をくいとめる抗酸化ビタミンでもあります。また、ビタミンB2、B6には肌のターンオーバーを促す作用があるといわれています。青汁には、上記のビタミン類が豊富に含まれているため、コラーゲンと一緒に摂取することで、コラーゲンの働きを補いより強化することが期待されます。

また、肌のためにはタンパク質とビタミンだけではなく、ミネラルや食物繊維などもバランス良く摂取することが大事です。必要な栄養素は効率よく摂取し、不必要なものや有害な物質は排泄することでお肌や全身の健康が保たれるのです。青汁には、カリウムやクロロフィルなど、デトックス効果の高い成分が豊富に含まれているため、体の中から有害物質を排泄し健康な状態を維持してくれます


人気商品が送料無料でお買い得!青汁通販・口コミ人気ランキング!

商品名 金額 内容量 お申込み
マイケアのふるさと青汁 3990円 30回分 詳細


オフィシャルページで詳細を見る

>>ランキング2位以降をチェックするのはコチラから!




Copyright (C) 2009-2014 青汁ランキング【※口コミ1位は?】 All Rights Reserved.
[基礎知識] 青汁とは? どんな効果がある? 成分について 過程での作り方 副産物がある? 乾燥青汁のメリット 作る時に向く食べ物 よもぎ青汁
[青汁の形状] 冷凍/粉末タイプ フリーズドライ/錠剤 [様々な成分の紹介] ケール/大麦若葉 桑の葉/明日葉 遠赤外線/ゴーヤー 緑茶/海藻/レモン
[ケール] ケールとは? 効果 栄養 メリット 栽培方法 [大麦若葉] 大麦若葉とは? 緑の血液 ガンや脳卒中 糖尿病や老廃物 肝臓や口臭 細胞/抗酸化成分
[飲み方について] ケール青汁を作ろう 食べるより飲む方が... 乾燥青汁 おいしい飲み方 絞りたてがオススメ